ご相談から漢方薬の煎じ方(作り方)まで

  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode

ご相談の流れ

※お電話又はお問い合わせページより予約をしていただいたほうが、お待ちいただく時間も少なくなります。

ご相談の流れ(1)

問診表をいただきます。

なるべくご記入の上ご来店ください。問診表はこちら

ご相談の流れ(2)

舌の状態や、


ご相談の流れ(3)

手の状態、顔色、顔つき、肌の色艶などを見ながら、

ご相談の流れ(4)

今までの経過や、全体の症状をお聞きします。

食養生や、気をつける事についてもお話します。


ご相談の流れ(5)

処方が決まりましたら、その場でお作りします。

ご相談の流れ(6)

煎じ方、飲み方などのご説明をします。

わからない事などご遠慮なくお聞きください。はじめての方はメモなど取っておくと良いかもしれません。


漢方薬の煎じ方

※処方によって煎じ方、煎じる時間、一緒に入れるものなどが多少違います。

漢方薬の煎じ方(1)

副材料を用意します。

副材料が無い場合もあります。指示に従ってください。

漢方薬の煎じ方(2)

良く使われる生姜。


漢方薬の煎じ方(3)

副材料と漢方薬一袋を鍋に移します。

鍋の種類は鉄以外であれば大丈夫です。

漢方薬の煎じ方(4)

水を注ぎます。

水以外(日本酒など)の場合もあります。量は指示に従ってください。


漢方薬の煎じ方(5)

火加減に注意しながら火にかけます。

処方によって煮詰める時間と量が違います。指示に従ってください。

漢方薬の煎じ方(6)

コトコト煎じます。

煮詰め過ぎないよう、キッチンタイマーなどかけておくと良いです。


漢方薬の煎じ方(7)

煮詰まったら火を止めます。

煮詰める量は指示に従ってください。

漢方薬の煎じ方(8)

漉して、


漢方薬の煎じ方(9)

出来上がりです。

今回はこれで、1日(朝昼晩3回)分です。飲み方は指示に従ってください。