さんしょう「蜀椒」[002薬味・身近な薬草]


さんしょう(ミカン科) 生薬名 蜀椒

<画像>

日本、中国、朝鮮半島に分布し、漢方では山椒の実の種を除いた部分を使い、腹痛、吐き気、お腹がモコモコ、腸閉塞等の処方に配合される。

実は口が開いていないものは毒があるとされている。

七味唐辛子にも配合され、有名である。


コメント(4)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

漢方相談 医王堂薬局
〒227-0054
横浜市青葉区しらとり台1-2
tel: 045-984-3247


携帯トップ | パソコントップ


supported by dakkyuu.com