やまのいも「山薬・薯蕷」[002薬味・身近な薬草]


やまのいも(ヤマノイモ科) 生薬名 山薬 薯蕷

日本特産のつる性多年草で、やまのいもは自生するので「自然生」ジネンジョウとも言う。もうひとつのながいもは畑で栽培されている。

漢方ではジネンジョウを使い、滋養強壮、消化促進の意味で用いられ腰痛や夜尿に使う。消化酵素のアミラーゼは大根の3倍含まれ、長期間食べても大丈夫なので虚弱体質の改善や病後の回復食としても適している。

有名な八味腎気丸に含まれています。八味丸は治療薬としてだけでなく、不老長寿や滋養強壮剤として使われるのもわかりますね。


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

漢方相談 医王堂薬局
〒227-0054
横浜市青葉区しらとり台1-2
tel: 045-984-3247


携帯トップ | パソコントップ


supported by dakkyuu.com