処方箋薬としての漢方薬と、手軽に買える一般用漢方薬の違い[001おもしろ話]


病院で処方される漢方薬と、ドラックストアなどで売っている、誰でも手にとり買える一般の漢方薬の違いはどうでしょう?

一般的には、病院で処方される漢方薬よりも、一般薬の漢方薬のほうが、成分が薄いからと、効果が少ないなどといわれますが、私はそうとは思いません。これまで「漢方煎じ薬とエキス薬 効果が違う?こだわりとは。」のページでご説明したように、生薬の質はメーカーによってさまざまです。作り方もそうです。こだわって修治をした生薬を使うメーカーもあります。一般薬のほうの成分を濃くしているメーカーもあります。同じ漢方処方でも、そのメーカーが基としている漢方の原典も違うと、生薬の比率も違ってきます。医療保険適用の医薬品とは、国が決めたものなので、質が悪いものではありませんが、質が良いものではありません。

エキス薬の漢方薬も、ちゃんと効きます。しかし、煎じる漢方薬とは私は別物と考えています。私の考えでは、エキス薬もメーカーを選べば違うし、大量生産のエキス薬は、原典の作り方ができない分、その処方をピタリと患者さんに選ぶのに、精度を上げてあわせないと、ズバッと効かせるのが難しいと思います。そのためには、東洋医学的な問診、や観察などをしっかりとしなければいけないと思います。

今までの経験からすると、患者さんの反応が過敏な方には、赤ちゃんの服用量でも十分効果があります。そのため、そのような方には、あえて効果のやさしいエキス薬の漢方を選ぶなど、工夫をしています。

今まで、「あなたは漢方薬は、からだにあわないようですね」といわれている方のお話しをお聞きしますが、それは私には疑問です。


コメント(2)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

漢方相談 医王堂薬局
〒227-0054
横浜市青葉区しらとり台1-2
tel: 045-984-3247


携帯トップ | パソコントップ


supported by dakkyuu.com