アトピー性皮膚炎と痒み[070 皮膚の症状]


アトピーと痒みに関しては、ボリュームが大きいのでアトピー性皮膚炎・痒み専門のサイトを作りました。
お手数ですが「アトピー&かゆみ」からの脱出をご覧くださいませ。

アトピー性皮膚炎は他の病気よりも改善する事が難しいです。それはなぜかと言いますと、性格や精神的なところが非常に関係する病気だからです。しかし、いろいろ手当てをしていけば、すべてではないでしょうが、今より改善はできると思います。

意外と軟膏の塗り方や、使い方、ケアの仕方も間違って悪くしている場合もあります。ひどい状態でない人は正しいケアでずいぶん改善する事も考えられます。

アトピー性皮膚炎は特にガンや糖尿病のように治りにくい病気の一つなので、医療関係だけではなく、いろいろな業種の方々がいろいろな考えでたずさわっています。

「アトピービジネス」などという言葉からもわかるように、怪しいビジネスも多く、治らない病気だからとあきらめさせたり、患者さんにステロイドを悪者にして「毒」のような印象を植え付けるなど、悪質なものも非常に多いというのも事実です。悪質なアトピービジネスによって症状が悪化し、それがトラウマになりあきらめてしまう人や、人を信用できなくなってしまう人などが結構いらっしゃるのも事実です。

自分もアトピーがひどい時は、つらくてつらくてしかたありませんでした。自分の経験を生かして、少しでもはやくかゆみが楽になるように、お手伝いさせていただいております。
飯田敏雄のアトピー経験

漢方薬だけではなく、外からのケアも非常に大事です。今までの経験で様々な化粧品区分のローション、化粧水、クリーム、ジェルなどを試し勉強しております。化粧水やクリームなども使用して軽いもの、重いもの、シットリするもの、乾燥するもの、などそれぞれ特性があるので、そのときの皮膚の状態や、部位や範囲で使い分ける事が大事です。当店ではなるべく試用見本でお試しいただいてから、納得したうえでお買い上げいただいております。

まずはこちらをお読みになってください。「アトピー&かゆみ」からの脱出


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

漢方相談 医王堂薬局
〒227-0054
横浜市青葉区しらとり台1-2
tel: 045-984-3247


携帯トップ | パソコントップ


supported by dakkyuu.com